神戸市垂水区・桃の木幼稚園(2011年3月)

11021002

JR山陽本線「垂水」駅から山陽バスで約30分、桃山台のバス停のすぐ前に学校法人和弘学園の幼保連携型認定こども園・桃の木幼稚園(並川明子理事長、岡田高行園長)がある。創設は1991年。ニュータウン桃園台とともに誕生した新しい幼稚園だが、すっかり地域に定着している。

外国人がたくさん暮らす神戸。だから子ども達はいつも世界に目を向け、いろいろな言葉で挨拶ができる。そして歌と合奏と作品展で構成する同園の発表会。会場は神戸文化ホール。最後の歌は、阪神淡路大震災からの復興の祈りと永遠の誓いを込めた『しあわせ運べるように』。ステージの園児と客席の父母、祖父母、卒園児らが心をひとつにして歌った。


01
02
03
04

桃の木幼稚園HP