« 2017年3月 | トップページ

埼玉県春日部市・第二白百合幼稚園(2015年2月)

150121

東武スカイツリーライン(旧東武伊勢崎線)の武里駅から歩いて10分。武里団地の北西エリア、大きな公園のすぐ隣に、学校法人富山学園・第二白百合幼稚園(富山治理事長&園長)がある。園舎に描かれたペアマスコットはシーラくんとユーリちゃん。園長夫妻のオリジナルだ。もう一人、お誕生会などに登場する園長先生のお友達・ゴロちゃんが人気者。

そこに埼玉県のマスコット・コバトンがやって来た。県の鳥・シラコバトをモチーフにした、ゆるキャラ界の老舗である。埼玉県ではサイタマッチという新キャラクターが2014年に登場した。無情な話である。しかしコバトンは幼稚園を訪ね歩く地道な活動で頑張っている。だから今も子ども達の人気はコバトンが圧倒的だ。

身体全体でグーチョキパーを表現するコバトンじゃんけんや体操、写真撮影などで遊んだ。そして最後はゴムの木が生い茂る玄関ホールで、コバトンは園児一人ひとりとハグをして別れを惜しみ、再会を約束した。

同園の創立は1972(昭47)年。約500メートル離れたところに5年先輩の武里白百合幼稚園があり、二つの園が協力し合って武里地域の幼児教育を推進している。

コバトンが遊びに来た第二白百合幼稚園の様子(YouTube動画)

第二白百合幼稚園ホームページ

01

02
03
04



京都市右京区・自然幼稚園(2017年8月)

20170516_01

京福電鉄嵐山本線・太秦広隆寺駅から歩いて1分で学校法人美乃里学園・自然幼稚園(北村隆信理事長、木藤尚子園長)に着く。垣根越しに母体の浄土宗悟真寺があり、西隣に弥勒菩薩の広隆寺、東隣に東映映画村がある。

電鉄で、JRで、地下鉄で、園バスで、自転車で、徒歩で、と園児はいろいろなルートで登園してくる。創立は1932(昭7)年。四条大宮の駅前にあったお寺は、子ども達の教育環境を考え、あえて遠く離れた森の中に幼稚園を開いた。園長の父親であり、理事長の祖父である創設者(初代園長・北村祐諦氏)の先見の明である。やがてお寺も、幼稚園の森に引っ越してきた。

「美乃里(みのり)に包まれた幼な児は、御法(みのり)に護られ健やかに、かくも自然に実りゆくなり」が創設の理念。その精神は今も脈々と息づいている。

登園した園児は、玄関前の勢至丸(法然上人の幼名)さまの像に朝のご挨拶をし、部屋に荷物を置くと、二人、三人と園庭のあちこちで話を始めた。「今日は何をしようか」の相談は数秒で決まり。目をキラキラさせて走り出した。職場体験の中学生8人も自然に走り出した。

自然幼稚園の園内の様子(YouTube動画)


自然幼稚園HP

20170516_01_2
02
03
04





千葉県船橋市・健伸幼稚園(2015年3月)

150207

東武野田線「馬込沢」駅から徒歩10分。古い住宅地の中に学校法人健伸学院・健伸幼稚園(柴田あきお理事長・柴田衣子園長)がある。古い住宅地も、1970年の開園当時は畑、果樹園、養鶏場が広がる地域だった。梨園は今も少し残っている。梨の妖精(妖怪?)フナッシーで知られるように船橋は梨の特産地である。

同園のお誕生会はいつも土曜日(第三または第一)に行われる。だから両親、祖父母、小学生のきょうだいも参加して賑やかだ。自由登園日だが「お友だちのお誕生会をお祝いしなくちゃ」と多くの園児が参加する。「私の誕生会の時に、あの人は来てくれた。だから私も行かなくちゃ」という義理堅さが培われる。

園児と先生方による第一部が終わると、小さいなテーブルを家族が囲む第二部ファミリーパーティが始まる。前日、園長先生と一緒に作ったクッキーを誕生児が運んできて家族に配る。たったひとつの小さなクッキーをじっくり眺め、写真に撮って食べる。その後は誕生児と母親がSサイズのピザパイを焼いて、これもほんの一口ずつ家族に切り分ける。飽食の時代には珍しい光景が繰り広げられる。

そんな楽しく美味しい香りが漂うホールの隣のスタッフルームでは先生たちがいろいろな作業をしていた。第一、第三土曜日は先生たちの出勤日。お誕生会に関わる数人の先生、園長先生以外は、翌週の打ち合わせや教材の準備に余念がない。そうは言っても、おしゃべりと笑いが絶えない楽しそうな作業でもあった。

★晩秋のある日、園庭で遊ぶ健伸幼稚園の園児の様子(動画)です。

★健伸幼稚園ホームページ
01
02
04
05




神戸市垂水区・桃の木幼稚園(2011年3月)

11021002

JR山陽本線「垂水」駅から山陽バスで約30分、桃山台のバス停のすぐ前に学校法人和弘学園の幼保連携型認定こども園・桃の木幼稚園(並川明子理事長、岡田高行園長)がある。創設は1991年。ニュータウン桃園台とともに誕生した新しい幼稚園だが、すっかり地域に定着している。

外国人がたくさん暮らす神戸。だから子ども達はいつも世界に目を向け、いろいろな言葉で挨拶ができる。そして歌と合奏と作品展で構成する同園の発表会。会場は神戸文化ホール。最後の歌は、阪神淡路大震災からの復興の祈りと永遠の誓いを込めた『しあわせ運べるように』。ステージの園児と客席の父母、祖父母、卒園児らが心をひとつにして歌った。


01
02
03
04

桃の木幼稚園HP

« 2017年3月 | トップページ