« 2016年6月 | トップページ | 2017年2月 »

福島県郡山市・小原田幼稚園(2016年11月)

16_1109_

★牛乳の挨拶と受け取りを実況中継

幼稚園情報センターHP表紙、2016年11月後半の「今月の幼稚園」は、福島県郡山市の学校法人小原田学園・こはらだ幼稚園(阿部光浩理事長、中野光一園長)。

JR郡山駅東口から歩いて20分、東部幹線道路沿いに、ヤギ、ニワトリ、アヒルも暮らす幼稚園がある。少し先に「小さなチーズケーキ」で知られる老舗の和洋菓子舗・大越菓子店がある。「うちの町には、素敵なケーキ屋と素敵な幼稚園がある」というのが小原田エリアに住む人々の誇りだ。

創設は1965(昭40)年。地元の有志11人が、土地、資金、知恵、労力……を出し合ってできた、まさに地域立幼稚園。“地域に根ざした教育”を実践する全国の私立幼稚園の中でも地域密着度がひときわ高い。建学の精神「互助共生」は、この創設の志を生かしたもので、「いつまでも大事にしていこう」と教職員、保護者たちは誓い合う。

スポーツを愛する幼稚園でもあり、大きなドーム型室内温水プールと専用のサッカーコートを持っている。年少の子ども達のボールさばきには「え、これが年少さん!まるで南米の子ども達のようだ!」と驚いた。チームワークもよく、ここでも11人の協力が生きている。

お昼前、給食当番の4人が職員室にやってきた。園長先生と向き合って姿勢を正すと、「○○組です。22人分の牛乳をもらいに来ました」と声をそろえる。この様子は各クラスにテレビ中継される。当番さんにとって一番緊張する時である。その大役を終えた4人が、笑顔いっぱいに牛乳を運んで行った。

小原田幼稚園HP  http://www.koharada.ac.jp/index.php

動画にまとめた園内の様子 https://youtu.be/X4xiBCxYo_U

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6



福島県郡山市・並木幼稚園(2016年12月)

161111_

★職員室の先生と遊ぼう

2016年12月の「今月の幼稚園」は、福島県郡山市の学校法人志賀学園・並木幼稚園(志賀文岳理事長、渡邊幸典園長)。

JR郡山駅西口から約30分、春、土手の桜がみごとに咲き誇る逢瀬川沿いの道を歩いた先に幼稚園がある。もちろん路線バスもあるが、2時間に1本なので歩いた方が早い。というと随分辺鄙な場所と思うかも知れないが、並木町は県内有数の高級住宅エリアである。幼稚園の周辺にもお洒落なレストラン、カフェがあり、落ち着いた雰囲気を醸している。

夜半から激しい雨が降ったこの日、園庭に子ども達の姿はなかったが、子育て支援センターの2階にはお母さん達が集まり、生活発表会用の衣装づくりに励んでいた。その姿はみんな清楚で美しく、“さすが並木町だな”と感じ入った。

ところが職員室からは教頭先生の「ガハハハ!」という高笑いが聞こえてきた。このバランスがまた良いのかも知れない。その教頭先生の周りにエプロン姿の年長さんが5人集まっていた。クッキーを焼くんだ、と張り切っている。

ところが職員室からは教頭先生の「ガハハハ!」という高笑いが聞こえてきた。このバランスがまた良いのかも知れない。その教頭先生の周りにエプロン姿の年長さんが5人集まっていた。クッキーを焼くんだ、と張り切っている。


並木幼稚園HP  http://www.shiga-gakuen.com/namiki/

動画にまとめた並木幼稚園の様子 https://youtu.be/uL9Boz-zv8U
Photo

Photo_2
 
161111__2

Photo_3

Photo_4

« 2016年6月 | トップページ | 2017年2月 »