« 岩手県二戸市・まつのまるこども園(2011年5月) | トップページ | 福岡県久留米市・久留米あかつき幼稚園(2012年2月) »

埼玉県茂呂山町・ながせ幼稚園(2016年3月)

16020301

東武越生線・武州長瀬駅から徒歩10分。活気ある昔ながらの長い商店街を抜けた田園風景の中にながせ幼稚園(磯哲也理事長&磯政子園長)がある。彼方には秩父の山々が見える。

ゆずの里として知られる毛呂山町は人口3万8千人。約120カ所の縄文遺跡が見つかった古い町だが、再開発が進んで駅周辺はすっかりリニューアルされた。越生線は沿線に城西大、明海大、東京国際大などが並ぶ学園路線でもあり、若者文化との融合も進んでいる。また武州長瀬駅は、1918年に武者小路実篤らが創設した自給自足の「新しき村」の最寄り駅でもある。

幼稚園の創設は1971年。シンボルはグリーンピース。屋根に時計台があるカントリーウェスタン風の園舎は0~2歳の認可保育所を包含する幼保一体型施設だ。幼稚園は本格的な“オープン・プラン・スクール”。壁だけで仕切ったクラスが並び、部屋の前は広い交流空間が延びる。クラスごとに歌やお絵かきをしたり、交流広場で協同製作やランチタイムを行ったりと、時間を置かずに、あるいは同時にダイナミックな活動を展開できるのが特長。サヤから飛び出したグリーンピースは、たくさんの友達と遊び、たくましく成長する。

園庭の中央にクライミングウォールがある。知恵と体力と根性を要するむずかしい遊具で、モニュメント化している幼稚園が多い。ところが同園の子ども達は先を争って毎日チャレンジする。これができれば銅メダル、ここまでなら銀メダル、そしてこれができれば金メダル!という具合に、プラスチック製の特製メダルと表彰状が園長先生からもらえるからだ。金メダルは年長さんでも至難の技だが、「よく頑張っているね、さあ金メダルまでチャレンジしよう!」という園長先生の笑顔と励ましが、子ども達の粘りの源泉である。

訪ねたこの日はたまたま節分。朝から鬼退治の気合いに満ちていた。豆まきは二部構成。各クラスを鬼方と豆まき方に半々にし、手作りのお面をつけた鬼方は園庭でウォー、ウォーと叫ぶ。テラスに並んだ豆まき方が「鬼は外!」と煎り豆をぶつける。鬼のリーダーは学園の理事長と保育園の園長。そしてもう一度、鬼方と豆まき方を交代して鬼退治を続ける。やがて福豆で邪気を奪われた鬼のリーダーが幼稚園の外に逃げ去った。

ながせ幼稚園ホームページ


160203

160203_2

160203_01

160203_02


« 岩手県二戸市・まつのまるこども園(2011年5月) | トップページ | 福岡県久留米市・久留米あかつき幼稚園(2012年2月) »