« 2010年10月 | トップページ | 2014年6月 »

千葉市美浜区・こざくら第二幼稚園(2010年3月前半)

Photo

幕張メッセまでは園バスで10分足らず。だから2年ごとの東京モーターショーには年中、年長さんが見学に出かけた。「未来の自動車」の絵を主催者にプレゼントしたことへのお礼の招待だ。たくさんの大人に混じって、晴れやかな自動車くんたちを見て回ったことは貴重な思い出になったことだろう。

Photo_2 その思い出づくりは2010年の第41回ショーで最後になった。会場が東京に移ったからだ。しかし同園の子どもたちが描き残した未来のコンセプトカーは、これから続々と走り出していくことだろう。

Photo_3 お誕生会がちょっと変わっている。ホールでのお祝いセレモニー、プレゼント演目が終わると、子どもたちは園庭に出てくる。大きなバースデーケーキを真ん中に輪を作り、フォークダンスを踊るのだ。アンパンマン、カレーパンマン、メロンパンナちゃんも加わり、1月生まれから12月生まれまで、みんな一緒に喜び合う。その様子を鉄腕アトムとスーパーマリオが見つめていた。

青森県五所川原市・五所川原幼稚園(2010年2月後半)

Photo

津軽の「ねぶた」は青森と弘前だけではない。五所川原にもある。高さ25メートルにもおよぶ「立ちねぶた」を引いて練り歩くので五所川原の街には電線がない。まるで江戸時代のような広い青空だ。そんな中、園庭にマイケル・ジャクソンのポップな音楽が流れ、朝のサーキットが始まった。

Photo_2 子ども達は下駄で走ったり鉄棒をしている。それも天狗様の一本歯だが、ふつうに動いている。これが足腰をバランスよく鍛え、強いお相撲さんを育てるのかも知れない。

Photo_3 横綱旭富士などを輩出した相撲名門校・五所川原商業高校の付属なので広いグランドが共用でき、高校生が使っていないときに伸び伸びとマーチングの練習ができる。演奏曲目は朝聴いたのと同じマイケル・ジャクソンの曲だった。

※グランドの奥に見える建物が五所川原商業高校。手前に幼稚園の園舎がある。

北海道函館市・ききょう幼稚園(2010年2月前半)

01

自動車と列車と動物が大好きな幼稚園である。この大型ハシゴ車のほかに公道を走れる消防車とベンツのリムジンがある。お誕生会のあと誕生児はリムジンに乗り、園長先生の運転とガイドでミニ観光を楽しむ。

01_2園庭には青函トンネルを走ったドラえもん列車や懐かしい特急列車が並び、中は保護者ルーム、写真閲覧室、アフタースクールなどに活用されている。その合間で犬、馬、ガチョウ、ミニ豚などが子ども達と遊ぶ。

Photo_9 モンゴル、台湾、ベトナム、ラオスなどアジア各国の幼稚園教師が入れ替わりにやってきて視察や研修をする幼稚園でもある。日本の幼稚園文化はここを窓口に世界に広がっている。おかげで子ども達は各国の民族音楽、民族料理が楽しめる。

※小さい消防車といっしょに写っている女性はベトナムとモンゴルの幼稚園教師。

※なぜベンツのリムジンがあるのか?その理由などの記事を『月刊・私立幼稚園』の“コラム”に、また地引き網漁に取り組む園児の記事を“幼稚園レポート”に掲載してあります。

川崎市麻生区・柿の実幼稚園(2010年1月)

Photo

日本一園児数の多い幼稚園である。小田急線「柿生」駅周辺の人々は「うちの町には日本一の幼稚園がある」と自慢する。その町をいつもきれいにしようと、園児親子は年に3回、「地球の大そうじ」を行って町の隅々から空き缶や廃棄物を拾い集めてくる。広い敷地に園舎が七つ。ようやくこれだけの先生に集まってもらえたが、実際の先生の数はこの3倍はいる。

Photo_6 ネーミングの幼稚園である。建物、壁、池、水車から園庭のベンチにいたるまで、すべてに名前がついている。「ヒトを大事に、モノを大事に」の精神にあふれている。

Photo_7 園内のあちこちに、彫刻家しまずよしのり氏の作による森の精の像がある。お地蔵様やマリア像のある幼稚園とはまた違う雰囲気が漂い、子ども達は森の精のやさしさから見えない何かを見つけ出す。

※同園には音楽好きのお母さんたちで構成する本格的なオーケストラがあります。そのファミリーコンサートの様子を『月刊・私立幼稚園』の“実況中継”に掲載してあります。 

« 2010年10月 | トップページ | 2014年6月 »