« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

大分県豊後大野市・どんぐり幼稚園(2009年7月前半)

Photo_15

「幼稚園の子ども達はドングリの背比べ。その切磋琢磨から思わぬ才能と力が伸びてくる」と創設者はよく言っていた。創設者は剣道七段、後を継いだ娘は剣道四段。故郷の山河を愛し、日本人の心を大切にする「武士道」が子ども達にも受け継がれる。

Photo_16 ここの子ども達も鬼ごっこやカゴメカゴメなどの伝承遊びが大好き。これが始まると注目が高まり輪が広がる。大きくなった輪ははじけて、また小さな遊びが始まる。

そんなエネルギーを支えているのが、給食センターから届く美味しい昼食。マイ箸を使ってモリモリ食べる。

Photo_17 お帰りは一本の綱を先生と友達で握って歩く。「おつな」と呼ばれる独特のスタイルは街の時計代わりでもあり、一行を見かけた人達は「おや、そんな時間か」と言ってお茶を淹れる。そして子ども達に手を振る。

大分県大分市・富士見が丘幼稚園(2009年6月後半)

Photo_13

いくらなんでも大分県から富士山が見えるわけではない。望む富士は豊後富士、由布岳である。「誠実・感謝・反省・報恩」が原点の幼稚園。裸一貫、地道な履物商から身を興し、皆に慕われて連合商店会長を務めた創設者の心根でもある。

Photo_14 雨でもサッカーができる雨天グランドの上にコミュニティルームと図書室があり、夢と冒険のステンドグラスの和室で茶道をたしなむ。隣接地にはお風呂完備の預かり保育棟もあり、幼稚園とは違う空間で、違う仲間と落ち着いた時間を過ごす。ハウスの名前はハリーポッターならぬ「ハリーのポケット」。

002 先生方の写真を撮るとき、二人の主任が研修に出かけていた。話を聞いて「うわ~ん、私たちも入れてほしかった」と追加の写真を送ってきた。これがその二人である。

山梨県中央市・わかば幼稚園(2009年6月前半)

Photo_9

Photo_10 園庭の真ん中に立って見回すと、南に富士山、北に八ヶ岳、西に南アルプスそして東に大菩薩峠が見える。園舎の三角屋根の向こうに見えるのが八ヶ岳。和風庭園には小川が流れ、水車が回り、キノコの東屋がある。そこから眺める雄大なパノラマはまた格別だ。

この園庭で夏は父と子のキャンプが行われ、野外料理や竹とんぼ作りの技法が伝授される。

Photo_12 登園してきた子ども達は、まずは廊下に積まれたチラシ広告を何枚かつかむ。剣、手裏剣、飛行機、帽子、髪飾りなどその日の遊び道具を作るのである。こちらは先生から受け継いだ秘伝の製法だ。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »