« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »

静岡県浜松市・蒲幼稚園(2009年3月前半)

Photo_2

浜松はウナギの名産地、それゆえの「蒲(かば)幼稚園」というわけではない。幼稚園の隣に歴史の古い蒲神社があり、この一帯の呼び名になっていたことによる。後方に見える豊かな緑が神社の鎮守の杜だ。

Photo_3 園バスに描かれているマスコットはカバの妖精。園児と先生のTシャツやトレーナーのお腹にも付いているど根性カバで、皆はそのまま「カバちゃん」と呼んでいる。バスに書いてある文字は「かぜのことばをひろってみよう」とある。「かば」は「風の言葉」の略でもあるようだ。

Photo_4 ふと園舎の壁を見やると、子ども達が水遊びや行水に使うであろう金だらいが並んでいた。懐かしい光景である。「モノを大事にする幼稚園なんだな」としみじみ思った。

千葉県鎌ヶ谷市・かまがや幼稚園(2009年2月後半)

002

津田沼方面から新京成電車に乗って窓外を眺めていると、新鎌ヶ谷駅の手前で「おや、なんだ!」と目を瞠る建物が現れる。正面がガラス張りの色合いの美しい建物だ。これがかまがや幼稚園である。

Photo 11月初めの日曜日。この日はマラソン大会が行われ、朝早くから幼稚園前の沿道を園児の家族が埋めていた。同園のマラソンは全体の順位を競うのではなく、それまで3回行ったトライアルの自己タイム更新ができるかどうかにかかっている。だからゴールしてくる子ども達それぞれのタイムを計る先生は真剣。タイムと子どものつけ合わせ作業をするお母さんも真剣。これほど真剣なマラソン大会はほかにはないだろう。

愛知県半田市・長根幼稚園(2009年2月前半)

Photo_2

Photo_3 半田市は、勇壮な山車祭り、新美南吉のゴンギツネ、赤レンガ倉庫などで知られる町。同園の園舎にも赤レンガの壁面が組み込まれている。

ダイナミックな職員室の風情もユニークだが、園歌もほかにはない趣がある。「ヘビ、カメ、トカゲ、カタツムリ……」とはじまって、いろいろな動物、花、鳥、草が登場して、最後に「知多Photo_4 のオヘソだ長根幼稚園」と結ぶ。この歌が子どもも親も大好きで卒業した後も決して忘れないという。

2008年10月末に訪ねたこの日は、文化祭作品展の前日で、お母さん方が大勢集まってその準備にいそしんでいた。目玉のひとつに制服のリサイクルがあった。卒園した家庭から提供された制服を、在園児や翌年の入園児が一点100円で譲り受けることができる。制服に傷みがでないかぎりこのリサイクルが繰り返される。素晴らしいエコ精神である。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »