東京都稲城市・矢の口幼稚園(2008年12月)

Photo

矢の口幼稚園は毎年一度、保護者の理解を得て研修休園日を設け、教員全員で各地の幼稚園に体験見学に出かけます。2008年は少し足を延ばして名古屋市の旭幼稚園と陽明旭幼稚園を訪ねました。年少の担任は見学先でも年少のクラスに入り、臨時補助教員となって園児と接し、一緒にお弁当も食べ、その保育の違いを肌で感じていきます。上の写真は陽明旭幼稚園ホールでの記念撮影。子どもと鳥と太陽のレリーフがステージの壁面です。同園の先生6人(ベージュのポロシャツ)も加わってくれました。

Photo_2 左の写真は名古屋の地下鉄に乗り込む先生方。この日の宿泊は名古屋ガーデンパレス。ロビーで思いがけず愛知県の吉田敬岳会長(全日私幼連会長)に遭遇。そして夕食は名古屋コーチン料理の老舗「とり要」で賑やかな懇親を行い、翌土曜日は名古屋城、徳川美術館、名古屋港水族館などをグループごとに訪ね、それぞれに研修を深めました。


新潟県長岡市・東光幼稚園(2008年11月後半)

Photo

古い写真で恐縮ですが2004年12月、ぶらりと訪問したときの写真です。あの中越大地震の2か月後のことで、園舎の被害は大きく補修工事が大急ぎで行われていました。職員室も歪んでいましたが、先生方はみんな元気でした。

Photo_2 同園は1972年の開園以来、15時までが通常保育。だから特製給食を食べた後、午後もたっぷり遊びます。一輪車、竹馬などもスイスイ乗りこなせるようになります。

写真は子ども達に人気の高床式ログハウス。「もくりん」という名前がついています。大地震にもビクともしませんでした。


静岡県浜松市・緑ヶ丘幼稚園(2008年11月前半)

Photo_7

2008年4月、ぶらりと訪ねたときの写真です。門の脇の大きなとんがりコーンが目印で、奥には斜面に沿って建つユニークな園舎があります。真向かいにJR東海の新幹線建造工場があり、園舎の一番上からその様子がよく見えます。

Photo_2 これが園舎全景。玄関のとんがりコーンが目立ちます。

すぐそばに江戸時代の歌人・国文学者である賀茂真淵の生誕碑があり、歴史のロマンも感じさせてくれる緑ヶ丘です。


埼玉県戸田市・つつじ幼稚園(2008年10月)

Photo_8

同園はほぼ毎年、職員の親睦結束をかねて県外への研修旅行に出かけます。写真は2006年8月、名古屋に来たときのもの。ガーデンパレスのロビーで幼稚園児絵画展が行われていたので、その前で記念撮影。

Photo_9 座って研修の後は、地下鉄に乗ってナゴヤドームへ。中日対ヤクルトの試合を観戦しながら特製弁当で夕食。応援のかいあってヤクルトが勝ちました。


東京都日野市・日野わかくさ幼稚園(2008年9月)

002

2008年6月、日曜日に行われた「親子のつどい」を取材したときの写真です。幼稚園の裏には広大な山があり、その登り口にあるのがこの砦です。

Photo_7 子ども達は毎日のように登って足腰を鍛えますが、親が登れるチャンスはこの日だけ。新宿高層ビル群がよく見える頂上に到着した順に記念撮影をしました。

同園の記事は、ウェブマガジン『月刊・私立幼稚園』の「私幼人生録」に載っています。


東京都東村山市・多摩みどり幼稚園(2008年8月)

Photo_5

2008年6月、「ポニーと遊ぼう」の取材で行ったときの写真です。後ろの消防車は地元の消防団から寄贈されたもの。廃車になっていて動くことはできませんが手入れは良く、防災倉庫とあわせて園児と保護者の防災意識向上に一役買っています。

Photo_6 この日やって来たのは夫婦関係にある二頭のポニー。手前の小さい方が妻で、カカア天下でした。子ども達に触られ、エサをもらい、園庭を一緒に歩くなど昼過ぎまでたっぷり遊んでくれました。


山梨県甲府市・しらゆり幼稚園(2008年7月後半)

Photo_3

2005年5月の土曜の午後、園児がいない幼稚園をぶらりと訪ねたときの写真です。同園は長年にわたる「はだし保育」の追跡研究で知られていて、データのひとつに卒園児の大学進学率(特に国立大や医薬科大)が高いこともあります。ハダシと学力には因果関係があるのかも知れません。

Photo_4 もう1枚、ピカチュウとの記念写真も撮り、どっちにしようかと迷いましたので、その写真も載せておきます。


千葉県柏市・豊四季幼稚園(2008年7月前半)

Photo

2008年5月に行われた年中児「家族の日」の取材に行ったときの写真です。父の日に因んだ「家族の日」を同園は学年ごとに行っていて、平日なのにたくさんの父親がやって来ました。

Photo_2 その日はたまたま創立記念日でもあり、年少クラスでは44回目の幼稚園誕生パーティが開かれ、理事長、園長、それに創設者の前理事長(現理事長の母親)が招かれていました。この誕生パーティは在園中に1度、年少のときだけ経験できる行事です。

同園の記事は、ウェブマガジン『月刊・私立幼稚園』の「コラム」に載っています。


京都府舞鶴市・橘幼稚園(2008年6月後半)

Photo_19

2008年3月、ぶらりと訪ねたときに撮った写真です。1週間後の卒園式では「卒園のうたごえ」「思い出のアルバム」を歌うほか、坂村真民氏の詩「二度とない人生だから」を朗誦するので、年長さんは自由遊びの合間にも、それぞれに練習していました。

Photo_20 朝、先生方は子ども達を引率して歩いて登園してきます。幼稚園に到着すると、門の脇にある大小ふたつのお地蔵様に今日一日の無事を祈ります。


宮城県仙台市・高森明泉幼稚園(2008年6月前半)

Photo_17

2005年5月、入園間もない年少児親子の園内探検遠足を取材したときの写真です。園内で遠足ができるほど敷地が広く、自然が豊かで、いろいろな動物が一緒に暮らしています。

Photo_18 園内遠足の途中には馬車で園庭を走る体験もできます。手綱をにぎる米国人女性は英語の先生でもあります。

同園の詳しい様子は、ウェブマガジン『月刊・私立幼稚園』の「幼稚園レポート」に掲載してあります。