ニッポンそば紀行

ニッポンそば紀行「富山の蕎麦(1)」

2017年7月30日
★高岡駅ビル「今庄」
  コロモ布団に寝る天ぷら蕎麦

北陸新幹線が開通して、高岡駅から南に800メートルの所に新高岡駅ができた。両駅の間は歩いて10分足らずの直線道路。東京人なら、駅構内の乗り換えでもそのくらい歩くのはザラだ。しかし高岡市民は決して歩かない。JR城端線のジーゼル列車に、わずか1分半乗る。高岡市民の足腰が心配だ。

北陸本線は「あいの風とやま鉄道」という第三セクター路線になり、心機一転で高岡駅もリニューアルされた。北口側に駅ビルが新築され、そこに蕎麦屋「今庄」が戻った。1915年創業の老舗だが、旧高岡駅の度重なる改修で、長く仮店舗営業を余儀なくされていた。それがようやく駅の中に復活した。振り子の柱時計や冷蔵庫の福助が老舗の歴史を醸し出している。

0102

事前情報で「高岡の今庄はチャンポンが旨い」とあった。しかし長崎以外でチャンポンを食べない私は、天麩羅そば420円を注文した。出てきた蕎麦を見て驚いた。大きなサツマ天の上にエビ天が載っていたからだ。関東なら700円は下らない豪華な代物である。しかしサツマ天と見えたのは、コロモを揚げただけの敷き布団で、その上にエビが寝ている姿だった。

0442002

食べ終わって店内を見渡すと、女子高生が多かった。立ち蕎麦屋では珍しい光景だ。列車の待ち時間を蕎麦屋で潰しているのである。彼女らが食べているのは蕎麦でもチャンポンでもなく、大きなソフトクリームだった。壁を見ると、なんと21種類ものアイスメニューが貼られていた。すべて200円と値段も手頃。老舗の「今庄」が、蕎麦屋からアイス屋に暖簾を掛け替える日はそう遠くないかも知れない。

0202

本拠店の駅内復活で、北口ロータリーの外側にあった、「今庄北口」はなくなった。でも反対側の「今庄南口」は今も健在。こちらは男子高生が多いとの噂だ。新高岡駅から高岡駅まで歩いていると出会うことができる。

| トラックバック (0)

ニッポンそば紀行「山形の蕎麦(2)」

2016年11月26日
★山形駅東口『山口精肉・製麺センター』
  パッと咲いてパッと散る「蕎麦仁義」

この日は午後から山形市・みなみやまがた幼稚園の創立50周年祝賀会。そこで午前中は、前日のカロリーオーバーを少しでも減らそうと、明治の面影が残る山形の街を歩き続けた。そして山形駅に戻った時、小腹が空いた。

駅ビルの1階に三津屋という立派な蕎麦屋があった。しかし一番安いたぬき蕎麦が730円。私が立ち入れる店ではなかった。

探し回って、ようやく東口駅前商店街に「牛丼とそばの専門店、山口精肉・製麺センター」の暖簾を見つけた。しかしここも高い。「(食べ放題でないかぎり)蕎麦は500円以内」という私のルールに適うのは、かけ蕎麦490円だけだった。

Photo_6

注文を聞いた塾頭(この店では店員を塾頭というらしい)が「かけ蕎麦一丁!」というと、厨房の塾長(店長は塾長というらしい)が「へ~い、かけ蕎麦一丁!」と応えた。エビ天蕎麦やスタミナ牛丼を食べていた塾生達が、一斉に私を見た。

蕎麦は変哲のないものだったが、器は変形し、洒落た木製のレンゲが付いてきた。しかしレンゲは汁を掬い取る用をなさず、縁の変形した器は、口をつけて直接飲むことも難しく、汁の大半を残さざるを得なかった。塩分取りすぎを戒める健康塾であることがわかった。

Photo_7
勘定を済ませると、天袋の戸棚に塾長直筆の「仁義」の書が貼ってあった。

文面は「たった一度の人生を、世間の顔色うかがって、やりたい事もやらないで死んでいく身の口惜しさ。どうせもらった命なら、一花咲かせて、気持ちよく散ってやる」という鉄砲玉根性を讃える文章だった。

一杯のかけ蕎麦に込められた塾長の覚悟に感服し、菅原文太の気分で塾を出た。

Photo_8

| トラックバック (0)

ニッポンそば紀行「山形の蕎麦(1)」

2016年11月25日
★山形そば街道の『七兵衛そば』
   「次年子(じねご)蕎麦」は食べ放題

新庄市を訪ねようと始発の新幹線「つばさ」に飛び乗った。飛び乗る直前、新庄幼稚園の児玉昭平理事長(山形県私立幼稚園協会会長)から「うまい蕎麦をごちそうする。手前の“さくらんぼ東根”駅で下りてください」と連絡があった。新幹線にそんな駅があることを初めて知った。

_02 まず寄ったところは河北町の「ひなのこども園」(幼保連携型認定こども園)。町内にあった二つの公立幼稚園、二つの公立保育所を合体して誕生した民設民営の新設こども園。すでに幼稚園2園、保育園1園を運営する児玉先生にとっては四つ目のオーナー施設である。

湾曲した園舎にそった駐車スペースは150台。そのスケールに腰を抜かした。河北町は児玉先生の生まれ故郷。そこに生まれる大型幼児施設は、是非とも我が手で運営したいと公募に応じ、コンペを勝ち抜いた。

河北町は江戸時代から「雛の里」と呼ばれてきた。雛人形を作っているわけではない。紅花の栽培や流通で財産を作った家々が、雛人形の名品を買い集め、それを一般公開して、町の宝、名物として伝えてきたことによる。「ひなのこども園」の名はそこに由来する。

午前中、こども園では、お誕生会と1・2歳児のお遊戯会が開かれていた。そこにちょっと顔を出すのが、理事長の大事な役割である。おかげで私も、1、2歳のお遊戯会を初めて見学できた。可愛さと面白さの極地だった。仕事を休んで見に来た父母たちが涙にくれていた。

20161125_02

20161125_01











役割を終えた児玉理事長と「山形そば街道」を走りだした。山形県には三つのそば街道があり、河北町から村山市を抜けて新庄市に至る山道は「大石そば街道」と呼ばれる。大石田町を通る道沿いに、古い手打ち蕎麦屋がいくつも点在しているからだ。その中のひとつ「七兵衛そば」の前で自動車は止まった。創業者の七兵衛さん一家が住んでいた古民家をそのまま蕎麦屋にしたものだった。

Photo

Photo_2

この地域の蕎麦は、地域の名前をとって「次年子(じねご)蕎麦」と言われる。雪が深く、何かと気ぜわしい年末に生まれた子どもは、年が明けてから出生届けを出したことによる地名だ。これは北海道も同じ。大雪山麓で生まれた私の両親はどちらも1月生まれの戸籍だが、本当は二人とも12月生まれである。

七兵衛そばのメニューはただひとつ、「手打ちもりそば食べ放題1080円」だけである。「餃子6個250円」しかメニューにない東京江東区の「亀戸餃子」と同じ方式だ。だから注文はない。テーブルにつくと同時に、キクラゲ、ワラビ、ショウガの漬け物がトンと置かれた。嬉しいサービスだ。そしてすぐに丼一杯のもりそばがやってきた。つけ汁には大根おろしが入っていた。

Photo_3

漬け物は絶品で、ご飯かお酒がほしくなったが、その気持ちを打ち消すほどに蕎麦がうまかった。夢中で食べた。優にセイロ2枚分はある丼の蕎麦がなくなる頃、次の丼がトンと置かれた。二人の食べっぷりを見た給仕の女性が「お代わり間違いなし」と判断してくれたのだった。

二つ目の丼も空になる頃、今度は「もう一杯いぐかね?」と聞いてくれた。ほぼ満席だったが、すべての客の食べ具合を観察する芸当に恐れ入った。児玉先生は両手を振って「もう勘弁してください」と言ったが、食い意地旺盛の私は「ではお言葉に甘えて」と3杯目を頼んだ。

Photo_4

ベルトを緩めても腹が裂けそうに膨れた。聞けば、地元の若い衆(といっても60代)は平気で5杯は食べるという。それを聞いては残すわけにはいかない。汗を流して何とか食べきった。

気候の厳しいこの地は米の出来が悪く、それを補うために蕎麦が栽培された。そば街道とは、米を食べられない貧しい農村の代名詞だった。おしんの大根飯を思い出す。それが今は、蕎麦で潤っている。わからないものである。

Photo_5
▲案内してくれた児玉昭平氏(学校法人平和学園理事長)

| トラックバック (0)